不動産

暴落を食い止める

金融緩和とは

お金

現在の日本経済は日本銀行による金融緩和政策により株高円安に動いています。これにより企業が保有している株式や外貨に含み益が出た事により各企業とも好決算となっていますが、経済に詳しい人であれば理解出来るのですが、そもそも金融緩和策とはどういったものなのか、なぜこれによって株高円安に繋がるのか、この事を理解されていない方も大勢いらっしゃいますので分かりやすく解説していきます。 金融緩和策というのは市場に供給するお金を増やす方策の事を言います。これを業界用語でマネタリーベースと呼びますが、お金を流通させるためにはただ単にお金を造幣局で刷ってそれを配っている訳ではありません。そうしてくれれば国民としては有り難いのですがそんな事をすればハイパーインフレを引き起こしてしまいます。市場に出回っている国債や地方債の買入を日銀が増やす事で市場に多く供給させる仕組みなのです。

国債金利低下のための役割

外国を見渡してみると、経済が不安定な国の国債金利は高く設定されています。金利が高いと買いたくなりますよね。金利の良さを売りにして外貨を集めたいからです。日本も1000兆円という途方もない借金を抱えていますが、国債金利はどうかと言えばゼロ金利とも言えるような低金利を維持しています。これは日本の国債が国内だけでほぼ消化出来ている事と安定的な通貨運用により低金利を維持出来ているのが要因です。 しかし国債発行額は年々増加の一途を辿り、国内だけで消化出来なくなれば金利が上昇します。融資や投資に関わる貸出金利が上昇してしまえばお金が回らなくなり景気低迷に繋がりますので現状では低金利で抑えたいのが実情なのです。今行われている金融緩和も市場に出回っている国債を日銀が買う事によって安定した国債運用が期待出来る事から低金利が維持出来ているのです。 とは言えこの金融緩和策は暫定措置的役割ですから、いつまでも続ける訳にはいきません。経済の循環が良くなるまでの措置として日銀が上手にコントロールしく事で経済回復に繋がるのです。